カルテ管理機能

カルテ入力

電子カルテの入力メイン画面です。

  • SOAPで入力できること
  • その日の患者の状況(体重や体温など)を入力できること
  • 検査結果を表示入力できること
  • 処方を入力できること

などがあります。患者などに注意事項があると、メモの部分が黄色に反転します。

 

カルテのコピー

既存のカルテを選択して、そのカルテを元に新規でカルテを作ったり、入院用のカルテを作ったり、薬剤情報を作ったりできます。

 

カルテ入力の手間を低減します。

シェーマ画像

シェーマ画像を呼び出して、説明を記入できます。

 

Windowsの画像処理機能を使って、シェーマ画像上に文字を入力したり、丸や四角で部位を示したりできます。


カルテ検索

カルテの検索結果の画面では、選択した患者の

  • 患者・ペット情報
  • 手術・処置履歴
  • 予防接種履歴
  • カルテの履歴(概要表示)

がされます。当該診察が診察待ちなのか、診察中なのかも表示されます。

 

カルテ検索条件設定

電子カルテの一番いいところは、「検索」しやすいことです。

  • 担当医
  • 診察日
  • 家族名称
  • タグ

などで検索できます。